がん闘病について「安楽死」を認めて欲しい

がん闘病について、コメントを求められたとしたら、私は「安楽死ができるようにしてくれ」と言いますね。家族ががん闘病を経験したという人ならば、安楽死について肯定する意見を言う人ばかりだと思うんです。

 

だってがん闘病の最後の方は、本当に見ていられないですもん。自分の大切な家族が苦しんでいるのに、ただ心臓が動いているというだけで、そのまま苦しみ続けなくてはならないなんてひどい話じゃないですか。

 

がんに侵されている状態ですと、自死することだってできませんから、だからこそ本人はもちろん、家族同意のもとで安楽死ができるようにして欲しいのですよね。本当にそう思いますよ。

 

今、健康な状態の人たちには、がんで亡くなった人が家族がいる人間の気持ちがわからないかも知れませんが、これを経験しますと安楽死は肯定派になると、私は母を乳がんの治療の闘病の末亡くした経験からそう思ってしまいますね。「がん闘病について何か一言」と言われましたら、「安楽死を認めてください」が出てきてしまいます。