カテゴリー別アーカイブ: 救急医療

救急で行ったアメリカの病院は寒いです

私はニューヨークに長く住んでいましたので、アメリカの病院に行くことが度々ありました。

とても具合が悪くなった時には救急車を呼びました。アメリカは日本と違って、救急車は有料なのですが、保険に入っていたので、無料で乗ることができました。いつどこで乳がんなどの大病にかかるかもしれないのでやっぱり保険には入っておいたほうがいいです。

それで、点滴を打たれるのですが、その点滴がキンキンに冷えていて、ただでも診察室は寒いのにガタガタと震えてしまうくらい寒くなってしまうのです。

そこで、看護師さんに言って毛布をかけてもらうことにするのですが、点滴自体が冷えているので、体の芯から冷えるのです。

先生にどうしてアメリカの病院はこんなに寒いのですか?と聞いたら、「だって、僕たち病気になりたくないからね」ということでした。ある程度の温度に下げているとウイルスが活発にならないから、先生たちに移ることがないということでした。それで、アメリカの診察室は極端に冷房が効いているのでした。